ブログトップ | ログイン

Event & Workshop

marmelo1.exblog.jp

食と農の寺子屋~知る・食べる・考える~vol.1

食を切り口に。まずは「知る」、そしてそこから気づき考え、暮らしや社会が少しでも良い方向へ進んでいけばいいなぁと、西宮のオーガニックレストラン ウーバレゴーデンさんと何かしたいね!と立ち上げた食と農の寺子屋の第1回目の開催が決まりました。
最初の寺子屋では、日本人の主食「お米について知る」をテーマに開催したいと思います。
映画「お米が食べられなくなる日」の上映と自然農法でお米作りをされている方からお話を伺い、美味しい日本のお米を食べ続けるために、お米を取り巻く現状と問題について知り、毎日の生活の中で何ができるのかを皆さんで模索出来たらとおもいます。

今回はお米をテーマに取り上げますがそこで浮かび上がる問題点は私たちの生活の様々なことに深く関わっています。
寺子屋で皆さんと一緒に時間を重ねることで、目先ではなく地に足つけて物事を判断できるよう情報を共有していけたらと考えています。

日 時:2013年1月
28日(月) 11:00~
都合によりこの日の上映はなくなりました。
まことに申し訳ございません。
29日(火) 19:00~  参加者募集中です!

場 所:ウーバレ・ゴーデン 西宮市用海町4-36 → HP

費 用:3,800円(自然栽培のお米を使った食事つき)

映 画:「お米が食べられなくなる日」35分
日本の主食、お米。しかし、生産者は、10年後には日本で米づくりができなくなると語る。
すでに危機にさらされている日本の米作りだが、TPPへの参加が決まれば、日本のお米が私たちの食卓から消えてしまうかもしれない。私たちは、お米の自給を手放すのか――? 生産者と消費者の思いに耳を傾けながら、米作りの危機を徹底分析。
私たちが大切にしたい価値とはなにかを問いかける問題作。

お 話:
29日(火) 羽間農園 羽間さん 
奈良の都祁村で無農薬・無肥料栽培でお米、お茶、野菜などを栽培されています。


ご予約方法:お電話かメールで下記いずれかにご予約ください。
ウーバレゴーデン TEL 0798-32-2567
マルメロ TEL078-381-6605 / ando@marmelo-lab.com
by lesson-marmelo | 2013-01-09 10:03 | 食と農の寺子屋
<< 『日本美術に描かれた暮らし~日... 2月・3月のレッスンスケジュー... >>