ブログトップ | ログイン

Event & Workshop

marmelo1.exblog.jp

<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Eat Local KOBE 秋のファーマーズマーケットのご案内

6月に開催された東遊園地でのファーマーズマーケットが、10月にも開催されることになりました。
今回は毎週土曜日の9時から12時まで、毎回5チームの農家さんと豆腐、チーズ、グラノラ、パン、コーヒーなど食物販のお店の方も日替わりで参加してにぎやかに!
朝ごはんやドリンクの用意もありますので、朝ごはんを食べがてら、農家さんに会いに、お買い物をしにきていただければうれしいです。
f0230554_710247.jpg
野菜が主役のマーケット。
身近な地域で栽培された野菜を通じて、農家さんは、食べる側の私たちの顔を思いながら、栽培してくださり、私たちは野菜を食べる時、「あの農家さんが作ってくれた野菜だな~」と感謝していただく。
目には見えないけれど、そんな想いのやりとりができれば、私たちの暮らしはより心豊かになるのではないでしょう。
立場の違う人が集い、コミュニケーションが生まれ、『食』から始まる小さなムーブメントが生まれるといいなと思います。
f0230554_7115218.jpg
マルメロは事務局の一員として参加させていただいています。
初日の朝ごはんや毎回本部ブースでのドリンクやその他フードの販売をしていますので、ぜひお気軽に声をかけてくださいね!

HPはこちら → clic
FB はこちら → clic
by lesson-marmelo | 2015-09-25 07:07 | 2014~ イベント

10月のt.mart vol.14のご案内

f0230554_13261397.jpg
~つくるとたべる がつながる一日 
      マルメロの店内マルシェ~


10月は10日(土)、11日(日)に開催します。


篠山 谷本篤嗣さん(両日出店)
t.martの第1回目にもご参加いただいた谷本さんは、黒豆枝豆を中心に販売していただけます。すっかりブランド化した篠山の黒豆枝豆ですが、ぜひ朝採りのあっちゃんの枝豆を食べてほしいっ!
f0230554_1722480.jpg


皮小物作家 アンコエランさん(両日出店)
f0230554_1855254.jpg
アンコエランは手づくりのイレモノ・ハキモノ・コモノ
素材をそのまま活かし
使う人の使い方から考えたアイデアをカタチに
日々に小さな彩りを加えて楽しくする
日々の動作を快適にスマートにする
誰かにも贈りたくなるようなささやかなもの
シンプルでどんな方の生活にもなじむ
素朴な道具をおつくりしています
日々つかう度に変化があり、修理してより長く使える
そんなアイテムをお届けします
f0230554_1875330.jpg
一部は、その場でご購入いただけますが
基本的にオーダーいただいてからおつくりしています
納期は約2~3週間とさせていただきます
f0230554_188715.jpg
私のお財布も、アンコエランさんに作って頂いたものです。日々、使い心地のよいものを使う幸せを感じます。

皆様のお越しをお待ちしております。
by lesson-marmelo | 2015-09-22 08:49 | 2014~ t.mart

t.mart vol.13終了しました

t.mart 終了しました。お越しくださった皆様、出展いただいた Morning Dew Farm の中野さん、うおくに商店の見澤さん、ありがとうございました!
f0230554_08400836.jpg
Morning Dew Farm さんは、パタゴニアの前でも月に一度販売されています。
f0230554_08400865.jpg
うおくに商店さんは、鯉川筋を上がり、COOPさんを過ぎたところに店舗があります。
f0230554_08400857.jpg
f0230554_08400813.jpg


10月は10日(土)、11日(日)開催予定です!
篠山、谷本さんの黒豆枝豆の販売と、皮小物アンコエランさんの登場です。
by lesson-marmelo | 2015-09-22 08:39 | 2014~ t.mart

9月のt.mart vol.13 のご案内

f0230554_13261397.jpg
~つくるとたべる がつながる一日 
      マルメロの店内マルシェ~


9月は19日(土)、20日(日)に開催します。

出店者のご案内
<Morning Dew Farm> 19・20日両日出店
f0230554_1841751.jpg
神戸市西区にて"自然農"を実践されている中野ご夫妻。
なかなかスケジュールが合わず、ご登場いただけなかったのですが、今回ようやくご参加いただけることになりました!

"耕さない"
"草や虫を敵としない"
"農薬、化学肥料などを用いない"
いのちの営みに添い応じまかせる。

そんな風に栽培されたお野菜をマルメロで販売していただけて、とても楽しみで、とてもうれしく思います。

<うおくに商店> 19日のみ出店
和歌山産の乾物を主に取り扱っている食材店 うおくに商店さん。実店舗もこの春、鯉川筋をあがったコープの北側にオープンされました。
今回は、食材や和歌山の特産品である棕櫚製品の雑貨の販売の他、たわし作りのワークショップも行います。
f0230554_1931535.jpg
『たわし作りワークショップ』のご案内
かつて和歌山の特産品であった棕櫚を使った、たわし作りのワークショップです。
昔ながらの専用の道具を使ってたわし巻き、その後はさみで散髪して、くるっと曲げて仕上げます。実習後は、マルメロのデザートセットでひと休みください。

日時:9月19日(土)14時~/15時~/16時~ 約1時間
     各回4名様まで
*参加対象は小学生以上ですが、小さなお子様は保護者同伴で参加いただけます。刃物(はさみ)を使いますので、十分にお気を付け下さい。

参加費:1500円(たわしつくり実習、材料費込み。作ったたわしはお持ち帰りいただけます。マルメロのミニデザートセット 含む)

ご予約・お問い合わせ
下記宛に、ご希望の時間帯、人数、お子様の際はその旨記載ください。
メール mail@marmelo-lab.com
電話  078-381-6605

*参加費のお支払は当日お願いいたします。
*尚、キャンセルなきようお願いいたします。

皆様のお越しをお待ちしております。
by lesson-marmelo | 2015-09-16 18:05 | 2014~ t.mart

シルバーウィークの土曜・日曜は、マルメロの店内マルシェt.martです!

f0230554_13261397.jpg
~つくるとたべる がつながる一日 
      マルメロの店内マルシェ~

9月は19・20日に開催します。

出店者
Morning Dew Farmさん(19・20日)
うおくに商店(19日)


“つくる と たべる がつながる”一日、生産者の方とお会いして、何かを感じていただけたら、とてもうれしいです!
私は、生産者の方にお会いすると、これまで何気なく見ていた食材が、なんだか身近にそして、愛おしく感じられて、料理をするのも、とても楽しく幸せな気持ちですることができます。
環境に負荷をかけない安心安全な食べ物を作る有機栽培は、私たちや次の世代の自然を守るのに不可欠です。実際に畑で野菜作りをすることのない私たちができることは、有機栽培を理解し、生産物を大切にいただき、買い支え、そしてつながりをより広めていくことではないかと思います。これは、誰でもができることだと思いますので、できること、小さなことですが、ぜひ一緒にやってみませんか!

上の文章は、ちょうど2年前、t.martの第1回目のご案内の時に書いた文章です。
久しぶりに読み返してみると、なんだかあいかわらず同じことばかり繰り返している自分にあきれつつ、でも自分にできることはこれくらいかもしれないなぁと、あきらめずに続けて行きたいとあらためて思いました。


元町までお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ。
by lesson-marmelo | 2015-09-11 16:47 | 2014~ t.mart

EAT LOCAL KOBE 夏編

神戸市主導の地産地消のプラットフォーム EAT LOCAL KOBEのお手伝いをさせてもらっております。
f0230554_21202763.jpg
6月の東遊園地でのファーマーズマーケットの次の企画は、北区の農家さんを訪ね、六甲山にあるコテージでBBQというストーリー。
f0230554_21221977.jpg
これまで体験したことがなかった神戸な夏の過ごし方。意外と身近にある豊かなシアワセを感じることができました。
f0230554_21205669.jpg

ぜひご一読くださいね。
http://eatlocalkobe.org/
by lesson-marmelo | 2015-09-03 08:30 | Think Organic!

無農薬とうもろこし

夏野菜もそろそろ終盤!
農家さんから直接届く野菜を販売している姉妹店ネイバーフードに、この夏、とっても楽しみにしていた農薬不使用のとうもろこしが、何度かだけ入荷しました。
(この記事アップする頃は、もう終了していると思います。すみません!)
f0230554_20334193.jpg
栽培しているのは、北区の芝 卓哉さん。
芝さんのとうもろこしは、スーパーで見かけるものほど、ぷっくりしてなくて、実も所々欠けていたりしますが、食べてみるとすごくもちもとしていて、甘いだけでない、とうもろこしらしい味がしました。
f0230554_20342349.jpg
一般的に、その甘みが魅力のとうもろこしは、甘さゆえに虫を集めやすく、大きく実るには、たくさんの肥料を必要とします。
たくさんの肥料とは、動物性のものが多く、その使用が多いと、虫が寄ってくるといいます。その虫の対策として、薬が使われる。
なんとも、悪循環。
でもこの悪循環、元をたどると、甘いとうもろこし、きれいなとうもろこし を求める一般消費者のニーズに応えるべく生まれているとも言えます。

どんな野菜を食べたいのか?
私たちは、今一度考えてみるべきではないでしょうか?


*その後、芝さんのとうもろこしは、分けていただいていますが、そのまま販売ではなく、加工として商品にしています。
 マルメロではマフィンに、NFでは、ケークサレになって販売していますので、ぜひ食べてみてくださいね!
by lesson-marmelo | 2015-09-02 20:42 | Think Organic!